猫背改善用に僧帽筋下部の運動

宮城県名取市の大場接骨院です。

姿勢を良くする為に背中をうまく使えるようにする運動で、 毎日朝夕と20回程度行うと効果的です。

肩こりの原因になる猫背姿勢を改善するためには胸のストレッチだけでなく背中にある僧帽筋下部をうまく使えるように運動すると背筋を伸ばしやすくなります。

うつ伏せで腕を伸ばしたまま腕を上にあげるように動かします。 無理せずに動かせる範囲でしてみてください。

猫背では胸のストレッチ以外に運動をして背中を鍛える事で、背筋を伸ばしやすくなります。

この記事を書いた人

大場接骨院

大場接骨院では様々な病院、整骨院、接骨院、整体院で元に戻ってしまう、変わらなかった痛みの原因に真摯に向き合います。
何処に行けばいいのかわからないその悩み苦しさ痛みを、原因の根本から改善し来院時とお帰りの際の変化を感じられる施術を行っています。