接骨院、整骨院、整体院、鍼灸院と病院の違い

はじめに

接骨院、整骨院、整体院、鍼灸院ではいったい何をするところなのでしょうか?

これは接骨院側からの記事になりますので、それぞれの認識の違いは少なからずあります。

そんな中でも痛み、辛さ、疲れ等が日常生活で急に起こったり、悩み続けている方に向けて説明をしていきます。

全く行った事ない人では未知の世界になり、不安を感じてしまうと思います。

マッサージ店などでは大きく値段が出ていますが、接骨院、整骨院では店舗前やチラシに料金が載っていないのも中々行ってみようとは思わない原因となります。

接骨院と整骨院と病院の違い

病院では保険外などはありますが、接骨院、整骨院の様に保険適応範囲が狭くはありません。

また湿布や薬なども処方可能です。

ただし、厚生労働省がまだ認可していないような治療や薬は保険外の自由診療になります。

病院では痛みに対して保険を使って治療ができます。

レントゲンで骨の異常や神経を圧迫しているかを確認したうえで、原因を見つけ治療を行っていくものが病院になります。

治療内容としては先ほどのレントゲンから温熱療法、ウォータベッドでのマッサージ、湿布、痛み止め等の処方です。

一定の効果とともにレントゲン写真での原因を説明、薬による痛みの減少があります。

病院の院長先生の考え方で大分変りますが、腕のいい所、話しやすい雰囲気等で多くの患者さんが来院されます。

多くの患者さんが来ることから待ち時間が多くなってしまう事はデメリットですが、それでも医学的根拠として医師の診断されることで安心感があります。

接骨院、整骨院とは

接骨院、整骨院の特徴としては国家資格保持者がいる事怪我の原因、症状によって保険が受けられる事です。

痛みを取りたい場合では国が定めた基準を満たしている柔道整復師によって安心、安全な施術を受ける事が出来ます。

ここで注意点としては骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲である急性の怪我が接骨院、整骨院での保険適応範囲になりますが、ずっと痛みがある場合や原因が分からず痛みが続いている場合は保険外となります。

接骨院では何時、何処で、どういう状況で痛めたのか。

その上で保険内か保険外かを判断し、可能な範囲での施術を行う流れになります。

怪我の状態も病院ではレントゲン等での視覚情報になりますが、接骨院では身体を動かした際の痛み、反応によってどの部位が怪我をしているのか、痛みの原因になっているかを判断します。

病院ではレントゲン後の動作テスト等で、接骨院ではレントゲンを使わずに動作前、動作後の確認、それぞれの疼痛誘発テストを行い痛みの原因を見つけます。

接骨院、整骨院の名称が二つありますが、名前が少し違うだけでどちらも同じ国家資格を持った柔道整復師が施術を行う場所となります。

鍼灸院は鍼師、灸師という別の国家資格保持者がいる院となり、例えば鍼灸接骨院であれば柔道整復師、鍼師、灸師がいる院になります。

接骨院、整骨院では広告の制限があり、施術内容や料金等の記載は出来ません。

整体院とは

整体院では、千差万別になっており柔道整復師、鍼灸師以外でも整体院として業務を行う事が可能です。

目的としては疲れを癒す場合に利用します。

基本的に痛みを取る施術を行う事は出来ない事が多く、また保険も使えません。

整体院では広告の制限が接骨院、整骨院まで厳しくはなっていない為料金の提示も可能となります。

逆に接骨院、整骨院ではチラシや店舗前で料金を見えるように大々的に出している所はないと思います。

また整体院では様々な施術者がいる為、国家資格を持っている施術者から国家資格を持っていない施術者とその店舗によって知識、施術経験の差が大きくなっています。

最後に

この記事は、

病院と接骨院、整骨院、整体院の大きな違いについて解説をしていきました。

接骨院、整骨院、整体院にはその院にいる施術者の知識、経験によって大きく異なる為、接骨院、整骨院、整体院どれが優れているという事にはなりません。

困っている人、悩んでいる人に合ったサービスを提供できる、自分に合った院を探していただく事が一番いいのではないでしょうか。

セカンドオピニオンというものもありますので、一つだけにせず色々相談できる場所を見つけておくのが良いと思います。

身体の調子が悪くなって整形外科や接骨院に通っているので、その治療内容、疑問を答えてくれる所に通うのが一番安心できます。

その治療内容に疑問を持ったら、その都度聞いてみる事をお勧めします。

筋肉の影響、骨の損傷では接骨院、整骨院に骨の密度低下や弱体化、慢性的な痛みが続いている時、まずはレントゲンで骨の異常がないかを確かめる場合等では整形外科に行く事が良いと考えます。

整形外科では薬だけだから、当院に来たという話がありました。

手技として筋肉の緊張を取る事で症状が軽減するものと薬で痛みを減らすもの、一長一短なのでその時の状態によって病院か接骨院かを選択していってください。

大場接骨院としては

接骨院、整骨院、整体院、鍼灸院と病院の違い

当院では手技を中心に、それぞれの症状、悩みを落ち着いた雰囲気で根本的な解決を目指し、「ありがとう」を集める接骨院です。

手技の内容としては主に慢性的になってしまった場合は苦しさ、辛さの原因が病気以外であるかを確認した上で筋肉の緊張はどうして続くのか?その緊張がどうすれば減っていくのかを考え、必要となる筋肉の緊張をほぐしていく施術になります。

急性では基本はアイシングや超音波等の機械を痛みの中心に行い、痛みによって緊張している周囲をほぐしていく施術となります。

どうしても接骨院って何だろう?と思う事が行った事が無い方はありますので、この記事を見て少しでも気楽に凝れるようになって頂けると幸いです。

料金なども㏋には記載していますので、是非目を通していただいた上で、ご来院ください。

蛇足の柔道整復師という資格が何故できたのか

元々接骨院は医師が少なく病院も足りなかった時代に、重度の病気以外での怪我を治療するためにできました。

柔道をやっていると骨折や脱臼、捻挫などはよく起きていたからこのような怪我を昔の柔道家がみていました。

その流れで保険診療として捻挫、挫傷、打撲、脱臼、骨折が保険内の施術になっています。

現在では骨折、脱臼は応急手当としてだけで、基本は整形外科に行ってもらう事が多くあります。

当院でも骨折の疑いがある場合は整形外科に、脱臼は可能であれば整復を行ったうえで整形外科に行っていただきます。

骨のずれがあると後々問題が出てきてしまうので、必ず整形外科に行ってもらっています。

その後の治療は整形外科だけでなく接骨院での超音波治療などで骨癒合を早めたり、周囲の緊張している筋肉をほぐす事で骨折部に負担をかけないようにしていきます。

脱臼でよく見られるのは肘内障があります、これは2~4歳位幼小児の肘にある骨が靱帯から抜けそうになっている状態です。

幼小児の手を引っ張ったり、自分で遊んでいて腕を身体の下にして転がったりする事でも起こります。

急に痛みを訴えて動かさないようにして動かそうとすると泣き出します。

原因もはっきりしない事がありますが、このような脱臼であれば接骨院でも治療は可能なので状況に応じて病院と接骨院を使い分けてみてください。

この記事を書いた人

大場接骨院

大場接骨院では様々な病院、整骨院、接骨院、整体院で元に戻ってしまう、変わらなかった痛みの原因に真摯に向き合います。
何処に行けばいいのかわからないその悩み苦しさ痛みを、原因の根本から改善し来院時とお帰りの際の変化を感じられる施術を行っています。