20秒で出来る指内側の痛み改善ストレッチ(掌側骨間筋を伸ばす)

宮城県名取市の大場接骨院です

テニスラケットや工具を持つ、ものを書く、指でつまむ等の長時間握る動作をする人向けのストレッチです

小指、薬指、人差し指の内側に付く筋肉の為、それぞれを外側に伸ばすようにして指の疲れや痛みを改善していきましょう

20秒で出来る指内側の痛み改善ストレッチ(掌側骨間筋を伸ばす)

掌側骨間筋は手のひらの中手骨から小指、薬指、人差し指の骨の内側の付きます。

それぞれ内側に付くため内転、人差し指は中指の方へ、薬指も中指の方へ、小指は薬指の方へと動きます。

物を掴んでいる事が多いとこの内転の動作を常に使う事が多くなる為に、掌側骨間筋が硬くなり筋肉の走行に沿った指の内側に痛みが出る事があります。

物を掴んでいるような動作を良くする人は是非このストレッチを継続して行ってみてください。

この記事を書いた人

大場接骨院

大場接骨院では様々な病院、整骨院、接骨院、整体院で元に戻ってしまう、変わらなかった痛みの原因に真摯に向き合います。
何処に行けばいいのかわからないその悩み苦しさ痛みを、原因の根本から改善し来院時とお帰りの際の変化を感じられる施術を行っています。