筋トレをしていたら肘が痛くなった

初めに

筋トレをしていたら肘が痛くなった

仕事で重い物を持つ事があったり、筋トレをしていたら肘の周囲が痛くなってきたことはありませんか?

よく言われるのが野球肘やテニス肘です。

これは肘の内側や外側に付着する筋肉が過剰に引っ張られることで、痛みが出てきます。

肘周りは痛みが出てきてしまうと、長く痛みが続く事になります。

でも整形外科に行って湿布を貰っても痛みが変わらず。

痛み止めの注射を打っても変わらなかった。

今回はそんな肘の痛みの解説、大場接骨院での施術内容を説明していきます。

肘が痛む原因は使い過ぎによって起こります。

痛みの原因となっていたのが、筋トレ中の動作でぶら下がった状態からの懸垂の負荷によって起こっていた上腕二頭筋の過緊張でした。

懸垂時に負荷をかけすぎていた事で、上腕二頭筋の遠位側の付着部に圧痛と動作痛が出ていました。

筋トレをしていたら肘が痛くなった

テニス肘や野球肘などで肘の内側や外側に痛みが出てしまう原因としては、腕を過剰に捻っているか、手首を何度も曲げ伸ばしする事が多いとなりやすいです。

これは腕から手首、指の筋肉が肘の内側や外側に付いている事で何度も引っ張られ炎症が起こりやすくなる為です。

肘の内側は指や手首を曲げる時に使われる筋肉があります。

曲げる時に使う筋肉なので野球でボールを投げる時、手首を返したりボールを強く握ったまま腕を振る動作が多くなると肘に負担が強くかかり痛みになります。

置いてあるスマホを持ち上げるような動作を、もっと重い物の時に腕だけで持ち上げていたりすると肘の外側に負担が掛かり痛みになる事もあります。

使い過ぎによって筋肉の負担が付着部である肘にかかり、炎症が起きる事で痛みに繋がります。

肘で痛みが出やすくなる動作としては、勢いをつけたり遠心力が掛かっている状態が何度も続く事で起こります。

痛みを感じるようになったら、その痛みの出る動作は中止して痛みの部分を冷やすようにしてください。

痛みが出ているのに続けていると、痛みが酷くなるだけでなく何もしていない状態でも痛みが出るようになってしまいます。

又筋肉の引っ張りが強すぎる事で肘の筋肉の付着部から骨が少し剥がれてしまう事もありますので、痛みが出ていたら出来るだけ痛みの出る動きをやめて、痛みの出ないように安静にしてください。

上腕二頭筋ストレッチ

一番必要な事は原因である懸垂をやめ、炎症を抑える事です。

その後怪我の予防としてストレッチを行い、筋肉の過緊張を緩める目的のストレッチになります。

壁に背中をつくようにして親指を下に、壁の角を掴み身体を前に倒すようにしていく事で上腕二頭筋を伸ばしていきます。

前腕屈筋ストレッチ

肘に付く前腕の屈筋も同様にストレッチを行いましょう。

肘を伸ばしたまま手のひらを伸ばすようにする事がポイントです。

大場接骨院の施術内容

筋トレをしていたら肘が痛くなった

大場接骨院では、カウンセリングを行い痛む場所の特定から行います。

肘の内側の場合は屈筋、指や手首を曲げる時に痛みが出ます。

肘の外側では伸筋、指や手首を反対に伸ばす動きで痛みが出てきます。

自分の場合ではアブローラーを使い腹筋を鍛えていた際に左の肘が段々痛くなってきました。

掴む力を強くし耐えようとする事が多かった事で、肘の屈筋に負担が掛かり続け炎症が起きていました。

何かの動作で強く使い続ける事で、痛みが出てきます。

一番強く痛みが出ている動作としては肘を曲げる時に出ていました。

痛みの原因は指や手首などの前腕ではなく上腕にある二頭筋と上腕筋の使い過ぎや負荷がかかり起こっていました。

肘の痛みでも痛む場所や使われていて負担が強くなっている筋肉がどこであるかで内側や外側などと場所が変わっていきます。

動きで痛みが特定の部分に出ている際には、その関係する筋肉をほぐす事で痛みに変化が現れますが炎症自体が残る事が多く痛みがすぐになくなる事は少ないです。

大場接骨院では手でほぐす、ストレッチを行い、超音波治療器を使って炎症を抑える施術を行っています。

痛みが続いて困っている、疲れやすい等の日々の悩みを根本から改善して楽しく快適な毎日にしてみませんか?

是非一度大場接骨院までお越しください。

筋トレをしていたら肘が痛くなった

この記事を書いた人

大場接骨院

大場接骨院では様々な病院、整骨院、接骨院、整体院で元に戻ってしまう、変わらなかった痛みの原因に真摯に向き合います。
何処に行けばいいのかわからないその悩み苦しさ痛みを、原因の根本から改善し来院時とお帰りの際の変化を感じられる施術を行っています。