【産後の腰痛】お腹の筋肉の弱体化と仙腸関節に。

はじめに

産後のお母さん達は腰痛に良く悩まされます。

あなたの周りやあなたも腰痛で悩んでいませんか?

特に産後には体力も回復していないけど、赤ちゃんを抱き上げる事も多くありますよね。

そんな抱っこも腰の痛みがあると本当に辛いです。

今回はそんな産後の腰痛が何故ひどくなってしまうのか。

どうすれば改善できるのかを解説していきます。

腰痛になる原因は腹筋の衰えと仙腸関節にあります

出産後に腰痛が酷くなる理由は?

妊娠中も腰痛がありますが、産後はそれがよりひどくなっていきます。

それは妊娠中にお腹が大きくなる事でどうしても皮膚と同時に筋肉も伸ばされてしまうからです。

又出産時に骨盤も大きく拡がり骨盤の位置や骨盤を安定させる事が難しくなります。

腹筋は伸ばされ力が入らない状態になっています

【産後の腰痛】お腹の筋肉の弱体化と仙腸関節に。

妊娠中にお腹が大きくなりますが、この時お腹の筋肉は常に伸ばされています

そして出産後にはお腹の筋肉は伸びていた状態が続いた事で弛みになってしまいます。

この状態ではお腹に力が入らなくなります。

そうなると日常で使っていた深部の筋肉である大腰筋も力を入れにくくなります。

又出産によって骨盤も拡がり、お尻の深部にある筋肉も弛みが出来ます。

弛みが出来てしまいその弛みを日常生活でカバーする為、大きな筋肉である腰やお尻の筋肉を使います。

授乳等でも抱き上げたりする動作、ベッドに戻す動作、これらの動きの中で腰、お尻の筋肉に負担がかかり筋肉の血行、柔軟性が無くなってしまいます。

出産も出産後も中々休めない事から筋肉の柔軟性が戻りにくくなり、段々と硬くなってしまいます。

ここまで来る前に恐らく痛みになっていますが、休む事も出来ず腰の痛みを我慢しながら生活していく事になります。

そして腰だけでなく仙腸関節も腰の痛みにつながります。

仙腸関節のずれと動きの悪さ

【産後の腰痛】お腹の筋肉の弱体化と仙腸関節に。

仙腸関節で腰に痛みが出る理由は?

仙腸関節は骨盤の関節である為、出産時に拡がって緩んでいる状態です。

赤ちゃんを抱き上げたり、中腰になったりする事が多くなっていると思います。

普段では深部の筋肉を使って骨盤の安定を保っていましたが、深部の筋肉が使えず骨盤がずれたままお尻の筋肉を常に使うようになっていきます。

仙腸関節で緩いままの状態と締め付けてしまっている場所がある為、不安定なバランスの中で姿勢を保つ事になってしまい、普段よりお尻の筋肉の負担が大きくなってしまいます。

普段でも仙腸関節は腰の骨に繋がり連動して動くため、お尻の筋肉の負担によって硬くなるとずれた状態で仙腸関節が動かなくなってしまいます。

仙腸関節自体は少ししか動きはありませんが、その動きが重要になります。

首から背中、腰に掛けて骨が繋がってその骨の部分ごとに可動域があります。

その土台となるのが仙腸関節の真ん中にある仙骨です。

この頸椎から腰椎と仙骨までをうまく動かす事で身体のバランスを取ったり、向きを変えたり出来るようになります。

協力して動いていた関節が動けなくなるとどうなるでしょうか?

この場合は周りの動ける関節をより大きく動かす事で、何とか動けるようにしてしまいます

そうなれば動ける場所にある筋肉に負担が大きくなり柔軟性や血行が悪くなっていきます。

仙腸関節という土台が動かなくなる事で、その上にある腰椎やその周囲にある起立筋に負担が大きくなってしまいます。

仙腸関節自体も無理に動かされると、関節の間が擦れ痛みになる事もあります。

改善方法としては、お腹の筋肉をつける事、仙腸関節の動きを良くする事

必要になるのは仙腸関節の動きを良くしていく事とお腹の奥にある深部の筋肉である大腰筋を使えるようにする事です。

仙腸関節の動きをよくする為には、お尻の筋肉をストレッチやマッサージ等で血行を良くしていきます。

お尻のストレッチは座った状態で片足を反対の太ももに乗せゆっくりと身体を倒すようにして、伸ばしてみてください。

仙腸関節の周囲にある梨状筋を伸ばす事で、仙腸関節周囲の神経の通りも良くなります。

神経の周囲が硬くなっていると神経に関係する筋肉も緊張しやすくなってしまいます。

その緊張を和らげるためにも、梨状筋を柔らかくしていきましょう。

またストレッチ以外にもお尻をゴルフボールやテニスボール、フォームローラーを転がすように押していくのも効果的です。

【産後の腰痛】お腹の筋肉の弱体化と仙腸関節に。

この時は無理せずに気持ちいいくらいで押していきましょう。

お腹の筋肉を鍛え、お腹に力を入れやすくなりましょう。

腹筋も同様に鍛える為、膝を立てた状態から手をゆっくり膝上まで滑らすように上体を起こしていきます
この時勢いをつけず息を吐きながらゆっくり上げられる所まで上体を起こしてゆっくりと戻します

腹筋は初めはすごく大変なので1日一回から慣れてきたら2回と少しずつ増やしていきましょう。

最後に

【産後の腰痛】お腹の筋肉の弱体化と仙腸関節に。

赤ちゃんを抱き上げたり、授乳をしたり体力が戻っていない中で毎日腰の痛みと闘いながら育児をしているお母さん達の腰が少しでも良くなるように、解説をしていきました。

今すぐ痛みが無くなる事は少ないと思いますが、改善方法を少しづつでも継続して行って辛い腰痛を改善していきましょう。

また何かの時に、前かがみになる際には、お腹に力を入れることを意識してみてください

腰が痛くなる原因はお腹に力が入らない状態で、身体を前かがみにしてしまう事で起こります

腰の筋肉の負担を減らすために、腹筋を鍛えお腹に力が入るようにする事で腰痛は減少します。

是非お腹に力を入れた状態で赤ちゃんを抱き上げたりするようにしてください。

この記事を書いた人

大場接骨院

大場接骨院では様々な病院、整骨院、接骨院、整体院で元に戻ってしまう、変わらなかった痛みの原因に真摯に向き合います。
何処に行けばいいのかわからないその悩み苦しさ痛みを、原因の根本から改善し来院時とお帰りの際の変化を感じられる施術を行っています。