野球でボールを投げていたら肘の内側が痛くなってきた!

肘の内側が痛くなるものを野球肘(内側上顆炎)といわれるものですが、ゴルフやテニス等のスポーツでも発生します。

成長期で過剰に投球練習をしてしまうと発生するものは、リトルリーガー肘と別称されるものです。

どちらも肘の使い過ぎによって痛みが出てくる疼痛性運動障害になります。

肘の内側がなぜ痛くなるのか?

初めに結論からですが原因は腕にある筋肉です!

指を曲げる時、手首を曲げる時、肘を曲げる時に使う手のひら側にある筋肉が硬くなってしまう事です。

次にどうして硬くなるだけで痛みになるのか?です。

それは手のひらに付着している筋肉は指先から肘の内側まで付着しているからなんです。

肘を曲げると皺が出ると思います。その内側の皺の先にあるでっぱりから筋肉が付着しています。

筋肉が硬くなるとその付着している場所が常に引っ張られていきます。

引っ張られる事が続いていくと付着している場所が強く負担になり、炎症が起こります。

そうなると投げようとする動作だけでなく、物を持ち上げたり、肘を伸ばそうとする動作でも痛みになります。

骨が引っ張られすぎると筋肉の影響で骨の一部が剝がれてしまう事で起こる裂離骨折の可能性もあります。

野球やゴルフ、テニス等や仕事でものを持ち上げたりする際に違和感がまず出てくると思います。

その時から既にこの野球肘(内側上顆炎)が発症していると考えてください。

原因が肘の使い過ぎであると知っていただけたと思います。次はどうすれば痛みがなくなるのか?です。

まず肘の使い過ぎである為、安静とアイシングが必要になります。

すでに痛みが強くある場合だけでなく、違和感がある場合でも同様です。

特に部活動等で練習が多くなって痛くなる場合では、練習中や練習後にアイシングを忘れずに行います。

可能なら休んで整形外科や接骨院に行きます。野球肘(内側上顆炎)では安静、アイシングを欠かさずに行いながら、硬くなっている筋肉を柔らかくしていく事が重要になっていきます。

最後に硬くなっている筋肉を柔らかくする方法ですが、肘の内側から指三本分手首側、採血の時に注射される血管の少し下辺りを押します。

そのまま手にボールペン等を握りペンを立たせるようにします。

野球でボールを投げていたら肘の内側が痛くなってきた!

肘の内側を押したまま手首を外側に曲げていきます。

野球でボールを投げていたら肘の内側が痛くなってきた!

これを大体20回くらいゆっくりと行います。

野球でボールを投げていたら肘の内側が痛くなってきた!

最後にペンを外側に倒す動作をしましょう。

これも大体20回程行ってください。

この動きで内側の筋肉を伸ばしていくと同時に、筋肉同士の滑りを良くしていきます。

ストレッチもお勧めですが、このような運動も取り入れていくと痛みの減少に繋がります。

痛みが出るうちは基本練習はやめた方が良くて、大体3か月位はかかってしまいます。

予防が重要になりますので、痛みや違和感がないか毎回聞きく事と過剰な練習をしないように気を付けてください!

この記事を書いた人

大場接骨院

大場接骨院では様々な病院、整骨院、接骨院、整体院で元に戻ってしまう、変わらなかった痛みの原因に真摯に向き合います。
何処に行けばいいのかわからないその悩み苦しさ痛みを、原因の根本から改善し来院時とお帰りの際の変化を感じられる施術を行っています。